片山正通さん的百科全書いってきました


ワッツでは月1度、デザインミーティングを行います。

今回は、ちょうどインテリアデザイナー・片山正通さんの展示会があったので

社員一同で見学に行ってきました。

katayama_design

 

 

 

 

 

 

 

 

片山さんが所有しているアート作品などのコレクション500点以上が展示されていました。

まず最初に登場したのがオフィスの模型。

さすが、とても精巧で、写真で撮ったら本物と見間違うのではというクオリティでした。

IMG_1681

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1682

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1683

 

 

 

 

 

 

 

 

ワッツではお客様にプレゼンする際、CG画像でイメージをお伝えするのが主なのですが

模型で表現すると、全空間が把握できて伝わりやすいし、

より精巧な模型ほど、お客様の期待感が高まるのだなーと、改めて思いました。

 

 

模型作りって、本当に時間がかかるし、

当たり前の話2Dよりもっと緻密さが求められるので人手も時間も必要。

でも手がかかった分、やっぱり相手を高揚させる力や説得感が出るんですね。

 

 

あと、個人的に気になった展示が何点か。

 

IMG_1685

 

 

 

 

 

 

 

こちらは片山さん所有のCD達ですが、展示の照明が面白かったです。

全体的に照らすでもなく、スポット的に光をあてていたので

展示物というよりは背景として捉えられるのかなーと感じた空間でした。

 

light_design

 

 

 

 

 

 

 

こちらも照明が興味深かったです。

こんなに細い木にも電気が通せる最近の技術はすごいですね。

 

IMG_1693 IMG_1694 IMG_1699 IMG_1700

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの榎本耕一さんの作品は、

作品を360度どこから見てもちゃんとアートとして見せられるようになっていて

絵画にしても、側面まで仕上げられています。

「どこから見てもok」という考え方は、ぜひ見習いたいものです。

 
IMG_1712

 

 

 

 

 

 

 

そして固い床とやわらかいカーペットの境界を超えると・・・

 

IMG_1714

 

 

 

 

 

 

 

くまが!

 

IMG_1721

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1722

 

 

 

 

 

 

 

この空間の切り抜き感、好きです。

 

やはりこういった刺激になる展示会は、定期的に行くべきだと思いました。

見終わった後は、いつもの通り皆でご飯を食べながら団欒をしました。

これからも外からの刺激も積極的に受けながら、どんどん進化していければと思います。
今後のワッツも宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です