月別アーカイブ: 2009年3月

久々の休日


先日麻布十番のお店が無事にオープンしました。
今回は1階の内装工事と看板をやらせて頂きました。
2階の改装が終わり次第、写真UPできると思いますので、楽しみに待ってて下さい。
昨日は久々の休日、のんびりしたとこ行きたいなあーと思って家からバイクで10分ぐらいの荒川土手でレジャーシート貼ってお昼食べて、寝て、遊んで、寝て、げらげら笑って、寝て。。。
こうゆうとこくると自然と脳みそ休まるんで大好きです。
【土手】
IMG_1392.JPG
【シャボン玉】
IMG_1399.JPG
そのあと帰ってアカデミー賞 短編アニメーション賞を取った『つみきのいえ』見ました。
台詞は一切なく、水が増え続ける土地でおじいさんが家を上へ上へ建てていきます。思いでの沢山残ったその場所、僕にも沢山あります。きっともう少したったら色んな場所を振り返ってみるのもいいなと思う今日この頃です。
DVD にもなってるし、絵本もでているんで、良かったら見て下さい。
つみきのいえ
http://www.robot.co.jp/tsumiki/

ご近所のお店


自宅から徒歩15分くらい。散歩がてらに歩くにはちょうど良い距離。
ランチもやってるし、お寿司も食べられるし、普通にカフェとして使っても良し!
もちろんお酒もあります!
一人でも良し!2人でも良し!大人数でも良し!
え〜っと、それから雑貨を見るのも良し!
Image030.jpg
http://chum-apt.net/
落ち着きます。

子供のオムツはすぐに取り替えてはいけません。


このタイトルは先日、うちの会社のビジネスマナーをしていただいた北條さんがしていただいたお話の中で出てきた話題です。
子供のオムツを取り替えてしまうと親に知らせることをしなくなってしまうというのです。
『不快な感覚を学習させて他の人に知らせる』ということをさせるにはオムツはすぐに取り替えてはいけないのです。いや、取り替えない方がそういうことを学習するようになるという事らしいのです。
失敗させるという事ですよね?
僕的には凄く深イイ話だったんですよ。
あともう一つ!
僕の知り合いの方のブログに凄くまたイイ事が書いてあったので転用させていただきます。
経営とは、他人を通して事を成すこと。つまり。他人が自ら事を行うようにし向けるのが、経営。それは、教育の本質と同じ。教育が上手く行くとは、学ぶ本人(教師ではない他人)が自ら学ぶ事が上手く行くこと。教育の本質は、自学であり、自育。
経営の要諦とは、次の3つをきちんと行う事。この内容で「部下たち」を「学生」、「仕事」を「学習」と置き換えると、そのまま教育の要諦になる。
1)部下に仕事全体の方向を指し示す
2)部下たちが仕事をしたくなる、やりやすくなる環境を整備する
3)その後は、彼ら自身が自分で仕事をやるプロセスを刺激する、応援する。
以下はアメリカの教育者、ウィリアム・ウォードの名言。
凡庸な教師は、指示をする。
いい教師は、説明する。
優れた教師は、範となる。
偉大な教師は、心に火をつける。
人を育てる、教えるというのは凄く難しくて大変です。
経営者も親も考えてみると同じです。
「親の背中を見て育つ」言い換えると「経営者の背中を社員は見て育つ」
僕らは社員のみんなを見る目を鏡を見る感覚に変えたとき、そこにはその時の自分の姿を映し出してることなのかもしれないです。
責任をズシッと感じます。
肝に銘じていきます。

今年のトレンドは?


JAPAN SHOP2009が開催されているビックサイトに行ってきました。
もう第15回目だから、僕はたぶん12回は足を運んでると思います。
このイベントのキャッチコピーは『魅力ある店づくりの最新情報を発信するアジア最大級の見本市』
です。
Image022.jpg
ホントにそうなのか定かではないですが、参考になります。
いざ会場内に入ると不景気と言われてるのが嘘のような熱気を感じました。
まだまだ店舗業界はパワーあると思います。
僕らはこのイベントで新しい材料を探したり、トレンドを探ってみたりとアイデンティティーを刺激するために足を運んでいます。
今年は収穫大でしたよ。
Image024.jpg
材料の使い方を聞いてみたり、価格を聞いてみたり
Image026.jpg
さわってみたり・・・・なにしろ、いろんな物がたくさんあって各メーカーさんも熱く説明して下さるわけですよ。
いやあ、右脳が刺激されました。
あとは実行に移すべし!