作成者別アーカイブ: kimura

手作りピザ窯でピザ焼いてみました。


pexels-eneida-nieves-905847

こんにちは!

日に日に秋が深まって参りました。食欲の秋とは本当巧く表現したもんだなーとこの歳になって深々思います。

そんな食欲の秋、実家に帰る機会があり、ただいまーと軽い気持ちで帰ると庭に手作りピザ窯がありました。

内心、ん?という感じが凄かったのですが、とりあえず触れずに家族団欒の幸せな時間を過ごしました。

すると徐にピザ窯でピザを焼き始める父。その背中を眺め父の背中の大きさというか背負うものの大きさというかそういうものを感じました。

いつかこんな大人になりたいと思い続け27年経ちました。少しは近付けているんですかね?自分には分からないですけど近づけていると良いなーと思う今日この頃、、、

さてそんな話は置いといてピザです。ピザ自体は生地から作るのが大変みたいなので、焼くだけ簡単なピザを焼きます。ただピザ窯は手作り感がありとても趣がありました。レンガの目地がとても可愛らしいです。

↓写真

IMG_1698

DIY感溢れるこのピザ窯はお気に入りです。

うちの実家の庭はほぼDIYで出来ており、ガレージも父親と二人で作りました。

親子でDIYってお互い思い出として形に残っている物なのでとても素敵だなと思います。二人で手書きの雑な図面を書いて材料を考えてはホームセンターに買いに行き、組み立てはそう簡単にはいかず、、当時の僕は面倒だなーと内心思っていましたが、そういう時間って貴重な時間だったなと最近思いました。因みに部屋のクロスも全部二人で貼り替えたので帰るとボコボコの壁に囲まれます。

いつか自分の子供にもそういう時間を設けて思い出作りしてあげたいなと、そんなことを考えていたらピザが焼きあがりました。

レンジでチンするだけで食べれるピザも窯でしっかり焼くと外カリカリの中フワフワでとてもおいしかったです。ピザの暖かさと心も温まるピザパーティーでした。

↓ピザの写真

IMG_1701

 

 

ACホテル銀座


57463230.9c188a04141980121371b1e09cac84a4.20072411

こんにちは!

WHTAS木村ブログのお時間です♪←

 

今回は今月オープンしたばかりのAC Hotel by Marriott Tokyo Ginzaに宿泊させて頂きましたのでご紹介して行きたいと思います。

 

まず、ACホテルは世界各地に多くのホテルを展開するマリオット・インターナショナルのライフスタイルブランドであり、デザインに重きを置くそのルーツはヨーロッパにあります。

AC Hotel by Marriott Tokyo GinzaはACホテルにおいて日本初進出となるホテルです。

 

そんなAC Hotel by Marriott Tokyo Ginzaの外観はガラス張りをメインとし石材で高級感や重厚感を演出しています。全体的な内装に関してはヨーロピアンミッドセンチュリースタイルの中に和とアートがうまく溶け込んだ銀座という立地にぴったりな大人の雰囲気を感じる内装になっています。IMG_0757 2ラウンジ写真

 

レセプション、ラウンジを過ぎるとそこにはバーカウンターと印象的なレストランが広がっています。

IMG_0732 2バー写真

IMG_0756レストラン写真

僕はこのレストランの壁面を飾るアートに魅了されました。このアートは「雨の銀座」を表現しており昭和時代の光り輝く銀座の街並みを雨が一層輝きのある景色にしてくれる、そんな風情を感じることが出来るアートです!

背もたれが高く座り心地の良いソファー、スタイリッシュでどこか懐かしさを感じる置き家具や雑貨、モダンアート。この場にある全ての物がこの魅力的な空間を演出していると感じました。

 

バーカウンター、レストランを背にエレベーターホールを見るとそこにも、、、IMG_0752

アート!この細かで繊細なミウラ折りのアートは一体何の素材でできていて、どの様な手順で制作されたのか非常に気になるところです。

57463230.df2f3ed0b539d17b785dfeab1ee9592c.20072411←こちらアップバージョンです。これ本当すごいな、、、

 

今回僕が宿泊したお部屋は12階なのでエレベーターで気分と共に上昇していきます。

 

12階に着きエレベーターの扉が開くとそこには和紙で彩られた凸凹の壁が!

IMG_0730のコピー

先ほどのミウラ折りもそうですが、和を感じさせるポイントが毎回うわーーー!ってなるというか何と言うか、、、この和紙も非常に綺麗で日本伝統工芸の繊細さを感じることができます。

 

さていよいよお部屋に行くところですが、このペースで行くとWHATSブログ最長記録保持者になりかねないので投稿を分けたいと思います。

次はお部屋の紹介やバーの詳細、その他設備についてご紹介して行きたいと思います。

今回ちょっとだけ紹介したバーとレストランは宿泊者以外でも利用できるので一度足を運んでみてください♪

 

それではまた後半パートでお会いしましょう!

この夏オープン!お洒落なNEW OPEN SHOP情報♪ #WHATS NEWS?


pexels-photo-1251086

こんにちは!

WHATS NEWS?のお時間です♪

今回は巷で噂の新店舗のご紹介をしていきたいと思います!

 

STAND by bookandbedtokyo

pexels-photo-590493

まずは8月にオープン予定の「STAND by bookandbedtokyo」から!

2015年、池袋に泊まれる本屋をコンセプトとしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」をオープンし話題となったアトリエブックアンドベッド株式会社が手掛ける、新業態の”本をテーマにしたカフェ”。

夜の看板メニューとなるサワーとその内装デザインに注目です!

高田馬場に8月26日オープン予定です♪

 

0%

pexels-photo-724259

完全ノンアルコールを提供するバー「0%」

ASMRサウンドを聴きながらドリンクを楽しめるなど様々な体験型メニューも充実しています。

朝からリフレッシュし充実した一日を送りたい方、アルコールが苦手な方、朝からバーの雰囲気を楽しむことができます!

Instagram→https://www.instagram.com/0pct_tokyo/

オープンは7月中旬予定です♪

 

ALL DAY CAFE & DINING “The Blue Bell”

pexels-photo-1082343

国産レンガの窯を使用し焼き上げる本格的なピザとパンケーキを提供する「ALL DAY CAFE & DINING “The Blue Bell”」

ぴあ株式会社が運営する1万人規模のイベント施設”ぴあアリーナMM”二階にオープンします!

新型コロナウイルスの影響によりオープンを延期していましたが、7月10日にオープンすることが決定しました♪

詳しくはこちら→https://pia-arena-mm.jp/news/614.html

オープン記念によりドリンクサービスなどのキャンペーンも行っています!

 

今回は3つ紹介させていただきました!

また気になるお店があったら紹介します♪

 

それではまたの機会に。

 

WHATS公式アカウントはこちら!↓

ぜひ覗いてみてください♪

Facebook→https://www.facebook.com/whatsinc

Instagram→https://www.instagram.com/whatsinc/?hl=ja

YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCJC0nidKOK5d0EMwzgmEguA

 

 

 

自宅で楽しむアートミュージアム #WHATS NEWS?


pexels-photo-1053687

WHATS NEWS?のお時間です。

 

今回はELLE DECOR様の記事が面白かったのでご紹介します!

新型コロナウイルスにより芸術を気軽に楽しむことが難しい今日、自宅で、なんと!アメリカのデザインミュージアムを楽しむことができます!

今回はその中でもシカゴミュージアムをご紹介します。

シカゴミュージアムでは現在アートを手軽に楽しめる様、バーチャル企画や全ての展示をオンライン公開に移行しています。

只今学生のデザインプロジェクト、ポートフォリオを公開しています。(ポートフォリオ人類の素晴らしいアイデア

デザインプロジェクトである人類の素晴らしいアイデアでは社会、哲学、文化のグローバル化によって生まれる物を学生目線に立って楽しむ事ができます。

展示されている作品はインテリアとして取り入れ、楽しむ事のできる作品ばかりですので是非覗いてみてください!

ではまた次の機会に。

Instagram→WHATSinc

はじめまして。


初めまして!新入社員の木村と申します。

これからちょくちょく登場すると思いますのでよろしくお願いします!

先週、同期のいまむーが強化週間について触れていたので全然違うことを取り上げていきたいと思います。

その話題とは…『マンホール!!!』です。

なぜマンホールかと言うと、個人的にマンホールに対して色々思い入れがありまして今回はそんな僕のマンホールに対する思いを綴っていこうと思います。

まずは僕と彼(マンホール)の思い出から振り返って行きたいと思います。

初めて彼(マンホール)と接触したのは小学2年生の頃だと記憶してます。

友達と夕方5時のチャイムが鳴るまで遊び、その帰り道にそれは起きました。自転車で爆走する僕を彼(マンホール)は「これ以上スピード出したらあかん」と言わんばかりにスリップさせ、僕は盛大に転倒しました。その時幸いにもかすり傷で済みましたが、一歩間違えれば大事故になっていたかもしれません。この時幼心ながらも「自転車に乗る時はスピード出しすぎると危ない」と彼(マンホール)から学ばせて頂きました。

それから10年程経ち僕も成長しました。友達と公園でボール遊びをしていた僕も、大都会東京の地へと足を運ぶようになっていました。千葉の片田舎から電車に揺られる事1時間半、今思えばこの時から自転車に乗る機会も減って行きました。

そして大都会東京という地を肩で風を切って歩く僕に突如彼(マンホール)は現れたのです。雨上がりの午後19時、友達と晩ご飯の行き先を決めている時に彼(マンホール)は「東京そんな甘くないで」と言わんばかりにスリップさせてきました←自分が悪い。千葉から来た感を隠し、どれだけ東京という地に馴染めるか、当時の僕にとってこれ以上に大事なものはありませんでした。そんな見栄っ張りな僕が大勢の人のまでツルッとしたことによる羞恥心は半端じゃなかったです。

と彼(マンホール)との思い出をこの場を借りて淡々と綴っているのですが、そんな彼(マンホール)にも県や都、区によって色々な種類があるのはご存知ですか?

例えばこれは会社の近くにあるマンホールです。会社の近くだけでも種類の違うものがありました。

IMG_0660 IMG_0661

その他東京都では区によって違いますが、色々なアニメのキャラクターがマンホールになっていたりとかなりバラエティーに富んだマンホールもあるので是非散歩がてら探してみてください。僕も日頃探しながら歩いてますが中々見つからず…

最後に個人的一番イケメンのマンホールをご覧ください。

IMG_0659

んー雨も滴るいいマンホールとはまさにこのことでしょうか。

こんな時期ですが街を歩いてる時、彼(マンホール)は少しかも知れませんが、彩りを与えてくれる存在かも知れません。いつか僕もそんな存在になってみたいものです。

長らくご覧いただきありがとうございました。

あっインスタ新しくアカウント作ったのでよろしくお願いします↓

https://instagram.com/whatsinc_design?igshid=4utevftfd91o

ではまたの機会に。