本年もありがとうございました!


本日クリスマスですね!

そしてもう年末ですね!

WHATSは本日をもちまして今年度の営業を終了させて頂きます。

本年もありがとうございました。

 

毎年締めの日にはスタッフ全員で大掃除をする習慣なのですが

会社のミーティングスペースはフローリングなので、

毎年ワックスがけをスタッフ全員でやっています。

 

しかし何年も何年も重ねがけしたワックスがもはや蝋のようにつもり

かなり濃いというか、濃すぎるくらいになってしまってまして^^;

今年は逆にワックスを剥がすことにしました!

 

↓その様子がこちら

IMG_6668

 

まずワックス剥がし用の液剤を床に塗布したあと、機械で擦っていきます。

 

IMG_6664

そのあと手作業でならしていきます。

が、これがなかなか取れず、結局手作業で蓄積された蝋のようなワックスを削っていきました。

 

ワックスを塗るのも大変ですけど、剥がすのも大変ですね!

ムラが出ないように削っていくのがなかなか難しいです。

16㎡の床をスタッフ5〜6人で、2時間半程擦って仕上げました。

 

そのビフォーアフターがこちら

 

↓ビフォー

IMG_6666

 

↓アフター

IMG_6667

 

ジャコビアン風の床が、オールドパインくらいの色合いになりました!

だいぶ機械でも擦ったので、古いワックスがなじんで全体的に表面もスベスベに♩

長年積もった油分もすっきりしました。

何年かに一度はこうやってメンテナンスもしなければいけませんね。

(そもそも毎年ちゃんと削ってからワックスかけすればいいんですけど・・・)

IMG_6665

 

さて、冒頭でも述べましたが、本年度のWHATSの営業は今日で終わりです。

今年もたくさんの方々に大変お世話になりました。

どうもありがとうございました!

また来年もスタッフ一同気合いを入れ直して務めて参ります。

宜しくお願い致します!

HAPPY X’smas &良いお年を!

【美容室の内装新築】鷺沼で15坪の美容室を新装しました


みなさんこんにちは!
先週、胃腸炎で39.6℃の熱が出た下田です。
今週から一気に気温が下がりますので、皆さんも気をつけてください。

今回私が更新する内容は、10月に施行した鷺沼の美容室になります。
今回こちらを作る際にコンセプトとしたのは

①外部開口を大きくとる
②老若男女入りやすい内装
③高い天井を生かして広空間を演出

①外部開口を大きく
この物件はスケルトン状態からの工事だったのですが、外壁もないため0から開口を自由に作ることができました。
位置的にも大通りに面し、横は子供英語塾と小児歯科と子供連れの方が多く通りますので新規顧客獲得を意識し、内部がよく見えるよう開口が大きな美容室を目指しました。

②老若男女入りやすい内装
物件が面している通りは、上記でもお伝えした子供連れのご家族の他にも学生やサラリーマン、ご年配と様々な方の目に止まる箇所になります。
そのため、ターゲット層を絞らない内装を意識しました。
(打ち合わせで提示した北欧風内装CGです)
レジ-2 set-2のコピー

③高い天井を生かして広空間を演出
この物件の特徴として、広い道路設置面と高天井でした。
スケルトン状態で4.3mと高い天井は比較的狭い店内空間を広く感じさせることができます。
そのため、設備関係が絡まないセット面部分はスケルトン天井にしました。

上記3点を意識し、デザイン、施工させていただいたビフォーアフターになります。

before
S__74596396
after
S__74596386

before
S__2916435
after
S__74596369

berore
S__2916445
after
S__74596373
S__74596374のコピー

【美容室の内装はWHATS Inc.にお任せください】

今回は15坪の美容室を作らせていただきました!
どんなご要望にもお応えできるよう、WHATSメンバーは日々精進しております!

お気軽にお問い合わせください!

→お問い合わせはこちら

→施工事例はこちら

最近のお仕事10月


スクリーンショット 2020-11-17 11.38.21

WHATSの小林です。

うちの息子も早いもので10月で1歳になりました。

悪さばかりするこの子は一体誰に似てしまったのでしょうかw

そしてスライドレールは君を引き出すものではないのですよ。

ドラえもんの引き出しみたいですね。

そんな中10月は2件ほど新規の美容室に携わりました。

1件目は上尾市のC..ure.areさん

テイクアウトカフェ併設の美容室です。

ナチュラルテイストで柔らかく素材が生える内装になっています。

2020-10-26 16.45.05

2件目は川崎市のa-granzさん

地域のママさんに愛されるよう北欧を意識してデザインさせてもらいました。

白木、2色の壁、型板ガラス、テラコッタ調のタイル、グリーンシャンデリアなど温もりのある優しいデザインでまとめています。

S__733184072020-11-05 11.15.59

H.Pに完成写真UPされると思いますので、楽しみにして頂ければと思います。

IMG_1679

【イタリアンダイニングの改装工事】


今回は少し前になりますが、今年の7月に施工した
【Italian Dining mingo NISHIAZABU】さんの改装工事についてになります。

mingoさんは弊社のご近所にあるイタリアンダイニングです。
ランチやディナーににお伺いさせていただいたり
忘年会でもお世話になっております。

今回のご依頼が、床のベタ付きが気になるので綺麗にしたいというご要望と
床が軋むのを修繕・外装のイメージ変更のご依頼でした。

どのように綺麗にしていったのかと
こだわりのポイントなどを書いていこうと思います。

そのほかの施工事例についてはこちらをご覧ください。
WHATSinc.施工事例集は「こちら」

 IMG_1634

改装工事の時のこだわりポイント

①床材を貼る前に行う下地工事
②取り外し可能な椅子

 

①床材を貼る前に行う下地工事

今回の工事は3日間の工期で工事に入らせていただきました。
工事の次の日から営業を始められるので、
まず初めに養生を念入りに行いました。

改装工事でよくあることですが、
初めの養生が肝心でそこを疎かにすると
至る所に木屑や現場の汚れが飛んでしまうので、
職人さんと、弊社社員含め念入りに行いました。

IMG_1639

IMG_1638

 

お客様の一番の困っていた部分の床です。

先ほども話した通り、
長年の油や靴の汚れなどで、木の色も変化しています。
床の軋みも所々ありました。
IMG_1637

凹凸が激しいため、そのまま床材を貼る事は不可能なので、
既存床を削って平にして、
軋むところは削ったりビスを打ったりして修繕をして
ベニヤをもう一枚はる作業を行いました。

細かな部分まで、加工を行いました。

IMG_1647

IMG_1646

IMG_1651

②取り外し可能な椅子

一部の椅子を撮影の際に移動できるように
とご要望をいただき、
なるべく低予算でできる方法で、考えていきました。
既存のボルトの使用は難しかったため
向きをずらしてお客様でも簡単に取り外しをできる仕様に作りました。
IMG_1641

IMG_1643

 

施工前とのビフォーアフター

既存は本物の木でしたが
床材は塩ビタイルに変更して、汚れも取れやすい素材に変更しました。

工事風景↓

IMG_1656

IMG_1657

IMG_1659

綺麗なったベニヤの上から細かな部分まで貼っていきます。

 

完成したビフォーアフターになります。↓

IMG_1635

IMG_1665

床自体は濃い目の木目調の塩ビタイルで
変更しない部分と違和感のないように仕上げました。

最後にお店の情報になります。
mingoさんはスタッフさんもフレンドリーで
とても雰囲気の良いお店です。
ご飯もとても美味しく、ピザもパスタもその他の料理も
絶品なので、是非お立ち寄りください。

Italian Dining mingo NISHIAZABU

mingoさんのHPは「こちら」

mingoさんのYouTubeは「こちら」

IMG_1664

 

最後まで見ていただきありがとうございました。
また、このような施工事例のブログもアップしていきますので、お楽しみに

WHATSでは新規内装・フル改装・原状回復なども手掛けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは「こちら」

施工事例は「こちら」

WHATS YouTubeはじめました!「こちら」

 

 

【美容室の新築内装】9坪の事務所を美容室に新装しました!


コロナの影響がまだまだ続く中、秋口から改装や新装のご依頼が増えております。

とくに最近独立で美容室を開業するお客様からのお問い合わせが多く、お陰様で10月も忙しくさせて頂きました。(ありがとうございます!)

さて、今回は9坪で事務所仕様だった物件を、美容室に新装させて頂いた事例をご紹介します。

その他事例については弊社施工事例をご覧ください。

→WHATS Inc.施工事例集

 

今回のポイントはなんといっても坪単価を最小限までおさえること!

そのため設備や造作物は最小限に、有効なスペース活用が出来るようプランニングさせて頂きました。

【坪単価を抑える!プランニングする時に注意したポイント3つ】

①壁をたてない

②床あげは最小限にする

③既製品+素材選びはチープにならないように!

順番に解説していきます。

 

①壁をたてない

今回の工事では、新規の間仕切り壁はまったく作りませんでした。

(もともと事務所仕様でトイレは残っていたので、そこだけそのまま残して使用しています。)

配置の仕方を工夫して、フロアはなるべくパーテーションやカーテンを使い、隠したいスタッフルーム周りだけを家具で囲って隠しました。

それによって壁をたてる・仕上げる費用を削減しています。

家具を壁がわりにして、極力無駄なスペースをなくし、9坪内にセット面3台、シャンプー1台、ネイル1台、マツエク1台が入るようにしました。

スクリーンショット 2020-11-12 15.43.39

 

②床あげは最小限にする

新規でシャンプーやシンクをつける時、床を一部高くして、その下に配管する必要があります。

床を作る部分が増えるとその分造作費用がかかるのに加え、床の高さが変わるとそれだけで空間が区切られてしまうので、無駄に床あげのスペースを広くすると、他で使える面積が減ってしまいます。

なるべく省スペースで床をあげられるように、配管が必要な水回りは極力一部分に固めて配置しました。

また、スタッフルーム内などあまり目につかないところは床をあげずに露出配管も交えて、無駄なコストを削減しました。

IMG_4776

 

 

③既製品+素材選びはチープにならないように!

今回はオリジナルの造作品を全く入れなかった為、弊社で仕上げた部分はほぼ床面と壁面でした。

既製品を多様することもあり、仕上がりによってはとってもチープに見えてしまう!という問題がありました。

なので、お客様とイメージのすり合わせをし、無数にある素材の中から時間をかけて念入りに壁や床の材料を選び、CGやサンプルで何度も確認をし合いながら、仕上がり素材を決めていきました。

既製品もお客様が選びに選び、何度かお店イメージとのすり合わせをさせて頂き、悩んで探してを何度も行って決まりました。

おかげ様で、既製品を多様してもまとまりのある空間が出来上がりました。

今回費用削減の為にパーティションも既製品を使わせて頂いたのですが、お店イメージとマッチしたものが見つかったのでそちらも重畳でした。

最近の壁紙や床材はなかなかリアルな仕上がりのものが増えてきたので、本物素材を使わなくても雰囲気を出せるVE案がしやすくなりました。

 

【内装工事を施工する前と後をくらべてみた】

こちらの物件は、もともと事務所仕上がりで、天井高が高くなく、正方形の形の物件でした。

壁はもともと壁紙仕上げになっていたので、次の内装も壁紙で仕上げるのが一番低コストで済むし・・・どうやって美容室のオシャレ感を出すか・・そこが肝でした。

事務所

 

①天井を落としてインダストリアル感を出す

今回お客様は天井を残すか撤去するか悩まれていましたが、最終的に天井を落とし、躯体をむき出しにさせる事にしました。

結果、高さも出て、コンクリートの無骨な感じがインダストリアルな雰囲気を出してくれました。

照明器具もスポットライトなので、部分的に光を演出してくれます。

 

Before

IMG_3332

 

After

IMG_4997

 

②コンクリート風の壁紙を使って雰囲気をあわせる

もともと壁紙を貼ってあった壁は、塗装仕上げがし辛いので、新しい壁紙に貼り替えるのが一番スムーズに、コストを抑えて施工出来ます。

この物件も、もともと全面壁紙を貼ってあったので、全面壁紙に貼り替えました。

少々インダストリアルな雰囲気を出したかったので、コンクリート打ちっ放し風の壁紙を部分的に使いました。

最近なかなかリアルな柄の壁紙が増えているので、天井の躯体とも柄合わせが出来、部分的に躯体むき出しの壁にしているような雰囲気を演出する事が出来ました。

 

Before

IMG_3336

 

After

IMG_4995

 

③外壁の素材を活かす

外観は赤茶色系のブリック仕上がりの物件でした。

最初ややレトロ感のある雰囲気でしたが、黒色の看板でしめてあげると、逆にいい雰囲気を出してくれました。

 

Before

IMG_6133

 

After

IMG_5001

 

【美容室の内装はWHATS Inc.にお任せください】

今回は9坪の事務所仕様を美容室に作り変えた事例をお届けしました。

WHATSではお客様のご要望に合わせて、最適なご提案を出来るように心がけております!

新規内装・フル改装・原状回復なども手掛けております。

お気軽にお問い合わせください。

→お問い合わせはこちら

→施工事例はこちら