カテゴリー別アーカイブ: コラム・日常

これまで作ったお店の撮影をさせてもらいました


こんにちは!

もうすっかり秋になってどんどん寒くなってきましたね。

コロナが大変な時期ではありますが、インフルエンザにも気をつけたいところです。

 

さて、そんな中ではありますが、

ワッツでは今までに施工させてもらったお店の写真を撮影して回らせてもらっています。

もともと竣工時に撮らせていただくところもあるんですが、時期的な問題などで、せっかく作ったのに撮影出来ていなかった素敵なお店もいくつかあったんです。

作ってから期間があいているにも関わらず、みなさま快く撮影に了承して頂いて、感謝感謝でございます!

 

ちなみにその中でも、先日埼玉の草加にある「髪工房千家」さんに伺いました!

3年前にご縁あってお店のリニューアルをさせて頂いたのですが

オーナーの砂川さんもワッツ担当者の藤井も、その間に筆舌に尽くしがたいたくさんの出来事がありました。

たった3年、されど3年・・・・

その間の出来事を乗り越えたりなんだりで、久しぶりに再開したのですが、オーナーの砂川さんは変わらずパワフルで、他人への思いやりが素晴らしくて、ワッツ担当の藤井は安心したと同時に感動しました。

そして何より、お店が作った時のまんま!!!めっちゃキレイ!!!

いや、むしろ観葉植物なんかも加わって、作った当初よりキレイなのでは・・・と感じさせられるほどでした。

ほんとに素晴らしかったです^^

おかげさまで写真撮影も順調に進み、ものの15分程で終了・・・。

普通は構図を考えて余分な物を動かしたりして、1店舗に30分から1時間くらいはかかるものなんですが^^;

ゆっくりおしゃべりもさせて頂きたかったのですが、コロナの事もありますし、撮影終了後早々においとまさせて頂きました。

面白かったのが、砂川さんはカメラもお得意で、普段写真を撮る側のはずのカメラマンさんをパパラッチしていた事ですね^^

そしてワッツ担当藤井はそのパパラッチをパパラッチしておりました・・・^^

3
4

そんなこんなで、なんとも和やかな雰囲気の中撮影させて頂きました。

髪工房千家さん、どうもありがとうございました。

1

 

 

さて、撮影させて頂いたお店の写真は弊社ホームページに随時アップしていきます!

ワッツではお客様にあらゆる面でご満足いただける内装を心がけております!

今後また素敵な出会いとご縁が結べれば幸いです♩

年の瀬も迫ってきていますが、みなさま体調には気をつけてお過ごしください^^

テラゾー


WHATSの小林です。

今回は最近インテリアで注目を浴びているテラゾーの紹介です。

そもそもテラゾーって何者なんでしょうか?

つい最近の建材かと思いきや、元々は500年以上前のイタリアで生まれたものと言われています。

大理石や石灰石等の石材を砕いて砕石状にし、それを白系セメントに混ぜて固めた板に表面を研磨して仕上げた人造大理石の建材です。

o0564056414658744686

壁や床の仕上げのみならず、最近ではテーブルやインテリア小物のデザインとしも使われています。テラゾーは製品にならない端材や本来は破棄する材料を使用して新たな表情を作り出すことが出来る点で色と素材に無限のパターンの可能性があります。

122c1ff81bad8a6df36851962a8711c0 6619719e5ee77ce8b8e5c7da1112769f

最近では色の決め手となる骨材にカラーガラスを使用したり、骨材を大きく割って石の柄と表情が大きく出るようなものが増えています。

スクリーンショット 2020-09-04 14.34.04

お客様とお店に使いたいですねと話して色々と情報を集めていると、テラゾータイルという商品があるとのこと。タイルと聞くとプリント感が否めないですが、今回の使用したものはテラゾーのように、基材となる粘土に「骨材を表現したタイルチップ」が混ぜ合わせてあります。
そのため、ランダムな表情が自然に生まれ、小口にもテラゾーのデザインが現れます。

modern_edition03

テラゾーの自然な素材感をそのまま持ち込んだこのタイルは、ほかのタイル製品と同じように、商業施設やホテル、店舗、駅、空港など様々な空間の内外装に使うことができます。
壁や什器、カウンターなどにも幅広く使うことができ、床と壁一体の空間をつくることができるのも特長です。また、厚さは10mmなので、施工厚や耐荷重が限られた箇所でも使いやすい仕上げ材です。

今回は柱周り、レセプションカウンターに施工させてもらいました。

IMG_2150IMG_2151IMG_2158

いっきに高級感が増しますね!!自然な柄なので内装デザインに寄り添った使用感が良いのが特徴です。これからも新しい素材どんどん探して行きたいと思います。

ce946ecc6515f2f470eebaef5eebd8528_21135836_200821_0025

ヨコハマトリエンナーレ


みなさんこんにちは!
暑すぎて溶けている下田です。

今日は先日WHATSのデザイン力向上を目的としたデザインMTGの野外活動として
ヨコハマトリエンナーレに行ってきましたのでその内容をお伝えできたらと思います。

トリエンナーレという言葉を初めて聞く方もいるかと思いますので簡単に説明しますと
横浜市で3年おきに開催される現代美術の国際展覧会で
2001年から今回で実に7回目の大型美術展です。

かくゆう私も初めて見に行きました笑

炎天下の中WHATS一同は横浜美術館を目指します。
今夏は本当に暑くて困りますね。
ce946ecc6515f2f470eebaef5eebd8528_21135836_200821_0022

入り口に入るといきなり目の前にキラキラと光りながら回るガーデンスピナーが現れます。
これはアメリカで庭の装飾に利用するもののようです。
適度に外光と反射し、幻想的な空間になっておりました。
しかしよく見ると中心には銃や弾丸といった物騒なものが混ざっております。
これは銃社会が家庭に迫ってきている、またはもう家庭の一部に組み込まれている事を示しているのか、、、などと想像させられます。
ce946ecc6515f2f470eebaef5eebd8528_21135836_200821_0025

ガーデンスピナーを通り過ぎると今年のトリエンナーレのテーマが紹介されます。
今回のテーマは
“AFTERGLOW―光の破片をつかまえる”
このテーマを元に5つのキーワードがあります。

・独学:自らたくましく学ぶ。
・発光:学んで得た光を遠くまで投げかける。
・友情:光の中で友情を育む。
・ケア:互いを慈しむ。
・毒:世界に否応なく存在する毒と共存する。

全体の展示物を通してこのテーマに感じ取った事は
世界情勢、世界中の問題を学び、助け合う心を育む。
その際に毒となる部分は必ず存在しそれとどう共存していくのか、という投げ掛けに感じました。

上記展示物もアメリカで度々問題になっている銃社会を取り上げた作品かと思います。

ce946ecc6515f2f470eebaef5eebd8528_21135836_200821_0029
こちらはメディアにも取り上げられている、エヴァ・ファブレガスさんの作品”からみあい”です。
腸の中の悪玉菌と善玉菌の共存を表していますが
こちらは、世界の善悪の共存を暗に示しているように見えます。

このほかにも民族間の戦争に巻き込まれる男の半生や放射能問題を取り上げられた
作品、権力を破壊する民衆の力を絵にした作品など多々ありました。

世界中の問題を提示していながらも、共存の方法や解決方法を模索させる作品が多く
猛威を振るう新型コロナウイルスに対しての共生が必要なのではないかと
世界中が新たな日常を模索している今現在だからこその展示なのかもしれません。

もし機会があれば、コロナウイルスに十分注意しつつ見に行ってみてください。
あなたなりの答えが見つかるかもしれません。

もうしばらく暑い夏が続きますので熱中症には十分気をつけてお過ごしくださいね。
今回はこの辺で締めたいと思います。
また次回の投稿まで~~

※おまけ
近くにカップヌードルミュージアムがありましたので行ってきました
こちらも素晴らしい展示がありましたので是非足を運んでみてください。
ce946ecc6515f2f470eebaef5eebd8528_21135836_200821_0046ce946ecc6515f2f470eebaef5eebd8528_21135836_200821_0049

IMG_6866

*私が得たもの*


こんにちは!

お久しぶりです。少しエアコンに喉と鼻をやられてしまっている”今村”です。

この世の中の状況だとただの風邪でも少し気が引けちゃいますね…

皆様も風邪には気を付けて下さい(汗

 

前回に引き続き私が書く内容は”第3回 強化週間”についてです。

またもや私がBLOGを担当する日に強化週間ネタができてしまいました!

なので”強化週間ネタ”で失礼しますっ!!!

 

まず前回と違う部分は…前回よりもっとBIGプレゼンになった事です。

何故ならば、前回までは参加者4名だったところが今回は、、、7名!!!

後今回の優勝者にはBIGなプレゼントが !!!!!!!!

参加者が増えて一番会社の中でひよっこな私にはハードルがだいぶ上がりました(涙

皆さん色んな仕事をしながらで時間があまり無いにも関わらず

すごくハイクオリティーで衝撃を受けました。

コンセプトがはっきりしていてCGも綺麗で何よりプレゼンの仕方に圧倒されました。

私は私なりにできる範囲内でなんとか頑張りました。

まだまだダメな部分などは山ほどありますが

褒めて頂けた部分もあって嬉しかったですし頑張ろうと思えたり、

頑張ってやって良かったって思えたりして

色んな意味で経験になりました。

もっともっと成長したいです!ひよっこから卒業できるように!!!!!!!!!w

今回の強化週間で強化週間はお休みになりますが

この3回に渡り”強化習慣”で得たものを生かして頑張ります!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お体には気をつけて日々頑張りましょう!!!!

IMG_6968

 

 

ACホテル銀座


57463230.9c188a04141980121371b1e09cac84a4.20072411

こんにちは!

WHTAS木村ブログのお時間です♪←

 

今回は今月オープンしたばかりのAC Hotel by Marriott Tokyo Ginzaに宿泊させて頂きましたのでご紹介して行きたいと思います。

 

まず、ACホテルは世界各地に多くのホテルを展開するマリオット・インターナショナルのライフスタイルブランドであり、デザインに重きを置くそのルーツはヨーロッパにあります。

AC Hotel by Marriott Tokyo GinzaはACホテルにおいて日本初進出となるホテルです。

 

そんなAC Hotel by Marriott Tokyo Ginzaの外観はガラス張りをメインとし石材で高級感や重厚感を演出しています。全体的な内装に関してはヨーロピアンミッドセンチュリースタイルの中に和とアートがうまく溶け込んだ銀座という立地にぴったりな大人の雰囲気を感じる内装になっています。IMG_0757 2ラウンジ写真

 

レセプション、ラウンジを過ぎるとそこにはバーカウンターと印象的なレストランが広がっています。

IMG_0732 2バー写真

IMG_0756レストラン写真

僕はこのレストランの壁面を飾るアートに魅了されました。このアートは「雨の銀座」を表現しており昭和時代の光り輝く銀座の街並みを雨が一層輝きのある景色にしてくれる、そんな風情を感じることが出来るアートです!

背もたれが高く座り心地の良いソファー、スタイリッシュでどこか懐かしさを感じる置き家具や雑貨、モダンアート。この場にある全ての物がこの魅力的な空間を演出していると感じました。

 

バーカウンター、レストランを背にエレベーターホールを見るとそこにも、、、IMG_0752

アート!この細かで繊細なミウラ折りのアートは一体何の素材でできていて、どの様な手順で制作されたのか非常に気になるところです。

57463230.df2f3ed0b539d17b785dfeab1ee9592c.20072411←こちらアップバージョンです。これ本当すごいな、、、

 

今回僕が宿泊したお部屋は12階なのでエレベーターで気分と共に上昇していきます。

 

12階に着きエレベーターの扉が開くとそこには和紙で彩られた凸凹の壁が!

IMG_0730のコピー

先ほどのミウラ折りもそうですが、和を感じさせるポイントが毎回うわーーー!ってなるというか何と言うか、、、この和紙も非常に綺麗で日本伝統工芸の繊細さを感じることができます。

 

さていよいよお部屋に行くところですが、このペースで行くとWHATSブログ最長記録保持者になりかねないので投稿を分けたいと思います。

次はお部屋の紹介やバーの詳細、その他設備についてご紹介して行きたいと思います。

今回ちょっとだけ紹介したバーとレストランは宿泊者以外でも利用できるので一度足を運んでみてください♪

 

それではまた後半パートでお会いしましょう!